のぼり旗製作のノウハウ

のぼりマスターメイン画像
のぼり旗の製作には4つのポイントがあります。

のぼり旗製作のノウハウ

のぼり旗にはのぼり旗にふさわしいデザインがあります。

チラシや印刷物と同じようにデザインするのは目的や距離感などが違いますので、失敗につながります。

のぼり旗の制作には主に4つのポイントがあります。

のぼり旗には訴求力求められます。

まず目立たせることが大事です。

目立たせるためには色使いが決め手になります。

のぼりに使う基本色は原色に近い色です。

特に暖色と言われる赤、オレンジ、ピンクなどは目立つと同時に元気さや明るさ、賑わい感を感じさせる色となります。

またこのような色を使用すると長持ちします。

暖色をうまく使って目立たせたい部分を目立たせる配色をすることが大切です。

お店のイメージアップさせるのぼりを作ることも大切です。

通りすがりのお客にとってはのぼりの良し悪しによってお店のイメージが違ってくるため、のぼりのイメージによってもそのお店の集客に影響を及ぼします。

読みやすいのぼり旗を作ることも重要です。

ただ目立たせるだけでなくお店の価値をシンプルでわかりやすくするために読みやすいのぼりにすることも大切です。

車で通り過ぎる人にもわかりやすいように文字の大きさは200ミリは必要です。

余白を活かして文字の大きさなどを変化して工夫を凝らしていくとよいでしょう。

お店の個性を伝えるのぼり旗お店の個性を主張することものぼり旗を目立たせるポイントとなります。

他店との違いを分からせるために見ている人にインパクトを与えなければ個性の主張はできません。

そのお店の持つイメージやこだわりなど主張したいことを明確にして、デザインで個性を演出すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加