キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 のぼり旗の制作のパターン : のぼりマスター

のぼり旗の制作のパターン

のぼりマスターメイン画像
のぼり旗にはサイズや作り方によって様々なパターンが出来ます。

のぼり旗の制作のパターン

のぼり旗にはサイズや作り方など様々なパターンがあります。

のぼり旗のサイズは幾つかあり、インターネットのお店で人気ののぼり旗工房ののぼりを一例として説明しますと、幅600ミリ、高さ1,800ミリのものと、幅450ミリ、高さ1,800ミリのもの、幅900ミリ、高さ2,700ミリのもの、幅100ミリ、高さ300ミリのものがあります。

そのうち幅600ミリ、高さ1,800ミリのものが標準的なサイズとなっていて、私たちがよく目にするのぼりはこの幅600ミリ、高さ1,800ミリのものという事になります。

のぼり旗の制作には原稿データが必要になります。

依頼者の方でワードやエクセル、イラストレーターなどで作成した原稿データを用意するパターンと、業者が用意したのぼり旗のデザインサンプルの中から選ぶパターン、依頼者が作成した手書き原稿をもとに店側がレイアウト、配色するパターンがあります。

のぼり旗は周囲縫製をすることによりほつれにくく、耐久性も増しますが、周囲縫製にはいくつかの種類があります。

下辺だけや側面だけの1辺補強、側面と下辺のL字と、上下の2辺補強、上下と側面の3辺補強、上下左右の4辺補強があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加