高耐久高発色のぼり

のぼりマスターメイン画像
高耐久高発色のぼりは生地の耐久性が強く色が長持ちします。

高耐久高発色のぼり

高耐久高発色のぼりは一般的なのぼりと比べて生地の耐久性が強く、しっかりと長持ちするのぼりです。

光沢感や高級感もあります。

通常ののぼりは制作する際印刷をするのですが、高耐久高発色のぼりは昇華転写捺という染め方を利用します。

通常の印刷したものに比べると発色が良く、色あせしにくい自然な風合いの仕上がりとなります。

 テトロンツイルという生地を使用しますが、これは国旗などに使われる風になびきやすい旗向きの生地であり、のぼりで最もよく使用されるテトロンポンジと比べると糸の太さが2倍あり、丈夫で長持ち、高級感もあるのぼりに仕上がります。

また生地のほつれや変色の心配もなく通常のテトロンポンジを使用したのぼりは変色したりほつれたりするため、3ヶ月程度で交換が必要となりますが。

テトロンツイルは使用環境によっては1年程度は交換の必要がありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加